header.gif

2016

XMLマスターエクスプレス2016年11月

2015

2015年11月発行

2014

2014年3月発行

2012

2012年11月発行

2011

2011年12月発行
2011年5月発行
2011年3月発行
2011年2月発行
2011年1月発行

2010

2010年11月発行
2010年10月発行
2010年9月発行
2010年8月発行
2010年7月発行
2010年6月発行
2010年5月発行
2010年4月発行
2010年3月発行
2010年2月発行
2010年1月発行

2009

2009年12月発行
2009年11月発行
2009年10月発行
2009年9月発行
2009年8月発行
2009年7月発行
2009年6月発行
2009年5月発行
2009年4月発行
2009年3月発行
2009年2月発行(増刊号)
2009年2月発行
2009年1月発行

2008

2008年12月号号外発行
2008年12月発行
2008年11月発行
2008年10月発行
2008年9月発行
2008年8月発行
2008年7月発行
2008年6月発行
2008年5月発行
2008年4月発行
2008年3月発行
2008年2月発行(増刊号)
2008年2月発行
2008年1月発行

2007

2007年12月発行
2007年11月発行
2007年10月発行
2007年9月発行
2007年8月発行(増刊号)
2007年8月発行
2007年7月発行
2007年6月発行
2007年5月発行
2007年4月発行
2007年3月発行
2007年2月発行
2007年1月発行

2006

2006年12月発行
2006年11月発行
2006年10月発行
2006年9月発行
2006年8月発行
2006年7月発行
2006年6月発行
2006年5月発行
2006年4月発行
2006年3月発行
2006年2月発行
2006年1月発行

2005

2005年12月発行
2005年11月発行
2005年10月発行
2005年9月発行
2005年8月発行
2005年7月発行
2005年6月号発行
2005年5月発行
2005年4月発行
2005年3月発行
2005年2月発行
2005年1月号外発行
2005年1月発行

2004

2004年12月発行
2004年11月発行
2004年10月発行
2004年9月発行
2004年8月発行
2004年7月発行
2004年6月発行
2004年5月発行
2004年4月発行
2004年3月発行
2004年2月発行
2004年1月発行

2003

2003年12月発行
2003年11月発行
2003年10月発行
2003年9月発行
2003年8月発行
2003年7月発行
2003年6月発行
2003年5月発行
2003年4月発行
2003年3月発行
2003年2月発行
2003年1月発行

2002

2002年12月発行
2002年11月号号外発行
2002年11月発行
2002年10月号号外発行
2002年10月発行
2002年09月発行
2002年08月発行
2002年07月発行
2002年06月発行
2002年05月発行
2002年04月発行
2002年03月発行
2002年02月発行
2002年01月発行
 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃XML専門イベントのご案内とXMLマスターコラボ企画:IoT検定の紹介
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃▼┃X┃M┃L┃マ┃ス┃タ┃-┃:┃エ┃ク┃ス┃プ┃レ┃ス┃▼
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2016年 11月号
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
11月号 Contents
──────────────────────────────────
▼ XML専門イベント「NeoCoreサミット2016」開催のお知らせ ▼
──────────────────────────────────
▼ XML技術者も注目!いま、注目の「IoT検定」制度のご紹介 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃▼ XML専門イベント「NeoCoreサミット2016」開催のお知らせ ▼
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


このたび、XMLに関する普及啓蒙の一環で、特別スポンサーとして、
XML技術者認定制度「XMLマスター」にご協賛頂きました。


「NeoCoreサミット2016」開催のお知らせ

以下テーマと日程で、「NeoCoreサミット2016」を開催いたします。
「XML × Web」~脱WORD・脱DTPによる、Webとの融合~
・東京会場:11月11日(金)14:00~17:20(開場13:40)
・大阪会場:11月18日(金)14:00~17:20(開場13:40)

〇「NeoCoreサミット2016」詳細情報はこちらから
http://www.neocore.jp/summit-new/neocoresummit2016_index.html


「NeoCoreサミット」とは、XML DBの国内トップシェアカンパニーである
サイバーテックが主催し、様々な分野で応用が進む「XML」の最新動向や用途の
ご紹介とともに、XMLの普及啓蒙を目的とした、国内最大級のイベントです。

もはや一般的な存在になった「XML」ですが、
「実際にはどのように使われている?」
「XMLをDB化して何が良いことがあるの?」
など、本当にXMLが活躍しているシーンは意外と知られていないのではないでしょうか?

本イベントでは、弊社が提供するXML DB「NeoCore」や、「脱DTP・脱WORD」
~制作業務の内製化・効率化を実現する超高速CMS「Publish MakerX」の
ご紹介だけではなく、XMLに関連したパートナー企業の様々な製品やソリュー
ションもご紹介いたします。

例えば、アシアル株式会社様によるHTML5ハイブリッドスマホアプリ開発基盤
「Monaca」と「Publish MakerX」との連携や、キヤノンITソリューションズ
株式会社様による、高度な日本語組版を実現するページレイアウト製品
「EdianWing」とXML DB「NeoCore」との連携などです。

そのほか、今注目の「IoT」に関するソリューションをはじめ、PDFへの出力・
PDFのアーガイブソリューション・データ連携・クラウドでのXML DB活用など、
様々な連携製品やソリューションをぎゅっと凝縮した、濃い内容でご覧頂けます。

従いまして、XMLはもとより、Webサイトの運用・保守や、コンテンツ管理・
ドキュメント制作などに課題をお持ちの方々にとっても有意義なイベントとなります。

◎「NeoCoreサミット2016」エントリーはこちらから
https://www.cybertech.co.jp/inquire/form_summit/

皆様方のご来場を心よりお待ち申し上げております。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃▼ XML技術者も注目!いま、注目の「IoT検定」制度のご紹介 ▼
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 IoT検定制度委員会は、
「IoT検定レベル1試験プロフェッショナル・コーディネータ」の詳細を
発表するとともに、2016年5月11日より本試験の受験申し込みを受付開始、
同時に受験も開始致しました。現在は東京と大阪の2箇所での会場ですが、
本年12月からXMLマスターと同じ試験会場で受験が可能となります。

 IoT(Internet of Things)はモノのインターネットと呼ばれ、
あらゆる場所に置かれたセンサー付きのモノからインターネット経由でデータを集め、
活用する技術。日常生活から産業界まで、幅広い普及が期待されている。

 IoT検定は、IoTに関わる知識やスキルを可視化して、
IoTをいっそう普及させることを目的として設置しています。

今後、XMLを含む広い技術領域を取込む、IoT、Ai、ビッグデータといった
注目の分野のIoT検定、お仕事に欠かせないXMLと併せてスキルアップや
資格取得をお考え下さい。

―――――

IoT検定レベル1試験プロフェッショナル・コーディネータの詳細
正式名称 IoT検定レベル1試験プロフェッショナル・コーディネータ
試験方法 CBT 四肢択一
試験時間 60分
出題総数 70問
評価方法 合否(60%以上の正解で合格)
認定方法 合格者にはプロフェッショナル・コーディネータ認定証を発行
受験料金 1万800円(税込み)
上位試験  レベル2試験、レベル3試験は現在準備中です。

まずは公式ホームページを御覧ください。
http://www.iotcert.org/

IoT検定ではメールマガジンを受け付けています。
http://www.iotcert.org/info/oshirase/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃▼ XMLマスター フェイスブックページ スタート! ▼
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ XMLマスターのフェイスブックページが完成しました。
┃ まだまだ登録者がおりませんので、ぜひ皆様の「いいね」で応援ください。
┃ 皆様の勲章となるXMLマスター普及のため、新しい取り組みや情報の
┃ 提供をしてまいります。
┃ https://www.facebook.com/pages/XML-Master/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新規登録・配信停止や登録内容の変更は、下記URLを参照ください。
http://www.xmlmaster.org/express.html

その他ご意見ご要望等ございましたらお気軽にどうぞ!!
Mail:office@xmlmaster.org
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright