XMLマスター:プロフェッショナル(アプリケーション開発)試験で適用される仕様

XMLマスター:プロフェッショナル(アプリケーション開発)試験で適用される仕様について

試験で使用する各仕様は、以下の標準に従うものとします。

XML

http://www.w3.org/TR/REC-xml

DOM  (注1)

http://www.w3.org/TR/DOM-Level-2-Core/

SAX

http://www.saxproject.org/

XSLT

http://www.w3.org/TR/xslt

XPath

http://www.w3.org/TR/xpath

XML Schema

http://www.w3.org/TR/xmlschema-1/
http://www.w3.org/TR/xmlschema-2/

SOAP、SOAPメッセージ (注2)

http://www.w3.org/TR/2000/NOTE-SOAP-20000508/

WSDL

http://www.w3.org/TR/2001/NOTE-wsdl-20010315

Canonical XML

http://www.w3.org/TR/xml-c14n

Exclusive XML Canonicalization

http://www.w3.org/TR/xml-exc-c14n/

XML Signature

http://www.w3.org/TR/xmldsig-core/

XML Encryption

http://www.w3.org/TR/xmlenc-core/

(注1)2004年4月にW3CよりDOM Level3が勧告となりましたが、現時点ではDOM Level3の新機能はまだ広く実装されていませんので、XMLマスターの試験範囲はしばらくの間、DOM Level2と致します。

(注2)2003年6月にW3CよりSOAP 1.2が勧告となりましたが、現在使用されているバージョンは、アプリケーションサーバーでの対応やWS-IのBasic Profileなどを含めて1.1が主流です。そのため、XMLマスターの試験範囲はしばらくの間、SOAP1.1と致します。

ページトップへ▲

HOMEへ戻る